雑学マニアックス もくじ

食べ物 雑学一覧
健康 雑学一覧
歴史・習慣・語源 雑学一覧
お酒 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
科学 雑学一覧
スポーツ 雑学一覧
乗り物 雑学一覧
年中行事 雑学一覧
etc. 雑学一覧

 

2013年05月31日

指輪を左手の薬指にはめるわけ

結婚している人に限らず、結婚していない人でもパートナーがいれば、左手の薬指に指輪をはめることが多いようですが、なぜ左手薬指なのでしょうか?

古代エジプトでは、左手の薬指は静脈が心臓につながっていると信じられていて「金の指」と呼ばれていました。また、古代ギリシャでは左手の薬指の血管は心臓にまっすぐ繋がっていると考えられていました。愛の血管、恋の血管などと呼ばれるもので、ここに愛の血液が流れていると信じられていたそうです。この指に「終わりのない」リングをつけることが、永遠の愛を意味するそうです。

また、合理的な考え方は、左手の薬指は指の中でも比較的動きが少なく、指輪が外れて紛失してしまう可能性が低いというわけです。

結婚指輪の始まりは、紀元前1世紀のローマの婚約指輪だといわれています。当時の人々は、婚約の証(あかし)に鉄の指輪を贈っていたそうです。これには意味があり、当時の結婚は結婚の相手をお金で買う「売買婚」が普通であったといいます。そして結婚が成立すると、世間にアピールするために「売買契約済み」の証として、力の象徴である鉄の婚約指輪を用いていたのだそうです。

■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧

posted by 涼太 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27202028
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
おもしろ雑学集