雑学マニアックス もくじ

食べ物 雑学一覧
健康 雑学一覧
歴史・習慣・語源 雑学一覧
お酒 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
科学 雑学一覧
スポーツ 雑学一覧
乗り物 雑学一覧
年中行事 雑学一覧
etc. 雑学一覧

 

2009年06月29日

武士が額の上を剃っていたわけ

時代劇に出てくる武士は皆、額の上の部分の剃っています。これは月代(さかやき)と呼ばれる部分です。月代は合戦があったころの名残りで、日本では室町時代後半から徳川家康が江戸に幕府を開くまでの一世紀もの間、戦国の乱世が続きました。血で血を洗う合戦が頻繁に行なわれ、鎧(よろい)、兜(かぶと)に身を包んだ武士達が戦いに明け暮れていました。

この鎧、兜は合わせて70kgという重さで、しかも重いだけではなく、風通しがとても悪かったそうです。特に兜の風通しは非常に悪く、すぐに蒸れてしまうので、それを少しでもしのぎやすくするために、額の上の部分すなわち月代を剃っていたのです。

その後、時代が流れて江戸庶民の中にも月代を剃る者が多くあらわれてきましたが、これは合戦で戦っていた武士の真似をしてカッコをつけていたためだそうです。



■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧
posted by 涼太 at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史

2009年06月26日

餃子は縁起の良い食べ物

餃子の歴史は古く、中国の春秋時代(紀元前6世紀頃)の遺跡からはすでに食べられていた痕跡が見つかっているそうです。中国で餃子は縁起の良い食べ物で、春節(旧正月)や結婚式、出産などのお祝いの席には、餃子が山ほど用意されます。餃子が三日月形をしているのもそのあたりに理由があるわけです。

餃子のあの形は昔の中国の貨幣で中国最後の王朝である清朝まで使われた「元宝銀」という馬蹄形の銀貨をかたどり、似せてあるのです。そこから「食べると財を成す」という意味が生まれ、もっぱら祝いの席で食されるようになったそうです。また、中国では祝いの席で食される餃子の中に1〜2個だけお金を忍ばせておくという風習がもあります。それに当たった人は、その1年間はお金に困らずに幸福でいられるそうです。

餃子は日本ではご飯のおかずとして食されるていますが、これは日本特有の習慣で中国で食べられる餃子は主食を兼ねたものが多く、皮を厚めにした水餃子が主流で、焼き餃子はあまり食べられないそうです。もともと焼き餃子は残り物の餃子を焼いて食べるものであまり上品な食べ物とは思われていないそうです。日本で焼き餃子が主流になった背景には、終戦直後に満州地域に取り残された日本人が、残り物の餃子を焼いた物を中国人から分けてもらった事が起源であるといわれています。

■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧

posted by 涼太 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2009年06月24日

河童の正体

河童(かっぱ)は川に童(わらは)の変化形「わっぱ」が複合した「かわわっぱ」が変化したものです。つまり川に棲むわっぱ、川に棲むいたずらっ子という意味です。また河太郎(かわたろう)とも言われています。ほぼ日本全国で伝承され、その呼び名や形状も各地方によって異なるようです。

身長が人間の4〜5歳のの子供くらいで、口を尖らせ、目がキョロキョロして、背には甲羅(こうら)があり、手には水かきがついています。そして頭のてっぺんの皿には水を入れて、この水がある間だけ陸に上がっていられるという伝説の生き物です。

人間の子供が川で泳いでいると足を引っ張って溺れさせるとか、人や動物を水中に引きずり込んで血を吸うとか、人の言葉を真似するとか、河童に関する色々な噂が、今も伝説として日本各地に伝えられています。福岡県の北野天満宮には「河伯(かはく)の手」と呼ばれる河童の手のミイラもあります。

河童を目撃したと言い張る人も多いようですが、専門家の研究によれば、河童の正体は川獺(カワウソ)らしいです。カワウソは水かきのついた短い4本の足と扁平で幅の広い尾を持ち、頭のてっぺんは平たくなっています。水辺に棲みカエルや魚を食べて暮らしていますが、時々尾で体を支えながら立ち上がることがあるので、その姿が河童にみえるということのようです。

背の甲羅はおそらくスッポンか何か、大きな亀と混合したもので、カワウソの暗褐色の体が絵にみる河童の緑色にみえたのは草陰にいたからと考えられます。

しかし、福岡県の筑後川付近には「河童と地元民との揉め事」や「河童族同士の戦争」の伝説や「河童に因んだ地名」など比較的年代が明確ではっきりした記録が数多く残っており、少なくともその当時「河童」と呼ばれたものが川辺付近に多く住んでいたと思われます。

■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧

posted by 涼太 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2009年06月22日

恋をすると女性が綺麗になる理由

女性が恋をすると綺麗になるといわれますが、それは医学的にも理由があり、本当のようです。まず恋をすると脳内にPEA(フェニ―ルエチルアミン)という物質が分泌されて快感を味わうそうです。この場合の快感とは肉体的な快感ではなく、気分が高揚してウキウキするような精神的な快感だそうです。

このPEAは恋をすると(特に恋の初めの方)脳の中で大量に分泌されることがわかっています。そして、このPEAは食欲を抑制する薬ともよく似ていて、恋をすると食欲がなくなる、ごはんが喉を通らなくなるのもそのせいなのです。食事が喉を通らなくなるので、ちょっとスリムになって綺麗になるわけです。

そして女性の卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが恋をすると分泌が理想的な状態となるそうです。エストロゲンは肌の新陳代謝に関係するホルモンで、キメの揃った若々しい肌になり、またエストロゲンには涙の成分であるヒアルロン酸が増加して、瞳が色っぽく潤んだ状態になる効果や血行が良くなる効果もあるそうです。

そんなわけで恋する女性は綺麗になるといわれいるのです。

■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧

posted by 涼太 at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・科学

2009年06月19日

6月の花嫁が幸せになれるといわれる理由は?

6月の花嫁は、June Bride といい、幸せになれるといわれます。日本の結婚式も6月に人気が集中しているそうですが、なぜ6月の花嫁が縁起が良いのでしょうか?

これには2つの説があるようです。まず6月は梅雨で雨が多く、祝日もないので結婚式場がヒマになってしまうのをどうにかしようと考えられた結婚式場のマーケティング戦略です。

次にヨーロッパでは6月はローマ神話の女性と結婚の守護神ジュノーの月とされているため、幸せな結婚生活が送れるといったものです。このジュノーはギリシャ神話のヘラ(ゼウスの妻)に当たります。しかも梅雨のないヨーロッパの6月はバラが咲き乱れ、最も気候が良い月だからといわれています。

■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧

posted by 涼太 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年中行事

2009年06月17日

香水とお風呂

風呂を英語でbathといいますが、語源はイギリスのバース(Bath)という都市名に由来するそうです。バースは現在でも温泉地として知られていますが、その歴史は古く、古代ローマ帝国が進出してきた時に、風呂好きの古代ローマ人によって大公衆浴場が作られたことから町の名前もBathと呼ばれるようになったそうです。そしていつの間にか、風呂そのものをbathと呼ばれるようになったといわれています。

そしてこの浴場が香水の発達に深く関係しているといわれています。16世紀にヨーロッパを襲った伝染病の大流行で「伝染病は風呂でうつる」という風説がまたたくまに広がり、公衆浴場はことごとく閉鎖されたり破壊されたそうです。そして、その後19世紀までの300年もの間ヨーロッパ人は「伝染病は風呂でうつる」と信じて、入浴しないで過ごしたといわれているのです。

入浴しないことから当時の人々を困らせたのが体臭だそうです。貴族から庶民まで、ありあらゆる人々が猛烈な悪臭を放ち、例えばフランスのアンリ四世は愛人から「腐った肉の臭い」といわれたという話も残っているほどです。それに加え、当時はトイレで用を足すという習慣がなく、男女とも庭の隅などで立ったまま済ませていたそうです。

それは宮殿でも同様で、女性がどうして、あの釣鐘のような格好をしたスカートをはいていたかというと、そのままの姿勢で用を足せるからという説です。このように誰でも体から悪臭を放っていたため、その匂いをごまかすために、ヨーロッパでは様々な種類の香水が考え出されて急速に発達したそうです。

☆関連記事

ハイヒールの始まり

■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧

posted by 涼太 at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史

2009年06月15日

発がん性物質は唾液が毒消している

食べ物をよく噛んで食べることの効用はたくさんあります。アゴや歯が丈夫になる、食べ過ぎを防ぐ、食品本来の甘みが出る、消化がよくなる、噛めば消化がよくなる理由は、噛めば食べ物が細かく砕かれるからだけではありません。口の中で食べ物を噛めば噛むほど唾液がたくさん出てきますが、この唾液の中に消化酵素が含まれているからなのです。

そしてこの消化酵素には、もっと重要な働きをするものがあることがわかりました。同志社大学の西岡一教授の研究によると、発がん性物質を抑える作用があるというのです。使用禁止になっている食品添加物のAF−2をはじめ、魚の焼け焦げに含まれるトリプP−1、カビ毒のアフラトキシンなど、発がん性物質のほとんどが、唾液で毒消しできることが判明したそうです。毒消し役になったのは、ペルオキシダーゼなど12種類の酵素だそうです。

唾液がもっとも分泌されるのは、食品が口に入ってから30秒後。噛む回数にして約30回だそうです。私たち現代人は、かたい食べ物を敬遠し、すっかり軟らかい食べ物に慣れてしまい、普段あまり食べ物を噛まなくなったといわれていますから、噛むことをもっと意識することが必要なようです。

☆関連記事

よく噛んで食べるのが良い理由


■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧

posted by 涼太 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2009年06月12日

眠れないときには温めた牛乳

イライラの原因は色々ありますが、日本人特有のカルシウム不足もその一つ。カルシウム摂取量が少ないと、神経がイライラして眠りにくいといったことが起こりやすいそうです。カルシウムの多い食品に牛乳があります。牛乳にはカルシウムとともにCPP(カルシウムホスホペプチド)と呼ばれるカルシウムの吸収を促進する物質も含まれているので、カルシウムを含む食品の中でも特にカルシウムの摂取を効率よくできるそうです。

牛乳に含まれているイライラを鎮めるもう一つの物質にトリプトファンがあります。必須アミノ酸のトリプトファンは神経のイライラを鎮める鎮静作用を持っていて、牛乳はトリプトファンを多く含む数少ない食品なのだそうです。しかも牛乳は液状なので消化酵素も作用しやすく分解されやすいため、体に吸収されやすいわけです。

そのようなことから、イライラして寝つきにくい場合、牛乳を飲むことによって安眠することができるといわれています。この場合、牛乳は温めて飲む方が良いようです。その理由は胃に温かい飲み物が入ると体全体がほのかに暖まり、神経も静まって、さらに消化酵素の分泌も促進されてタンパク質が早く分解し、トリプトファンの吸収も効率よく行なわれるというわけです。

☆関連記事

小魚を丸ごと食べてもカルシウムはとれない

牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなる理由

食後の口臭を消すには牛乳


■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧

posted by 涼太 at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2009年06月10日

風邪によく効くツボ

医学の進歩した現代でも風邪の流行を抑えることはできません。風邪にはウィルス性のものと、内臓を痛めたところからくるものがあるそうです。

風邪という言葉は「続日本紀」に風病(かぜのやまい)と出てくるので奈良時代には使われていたようです。また平安時代の「三代実録」には咳逆病(しわぶきのやまい)という名前で出てきます。

風邪に効くツボは、背骨の3cmくらい離れた両側にあり、ちょうど背の両側の肩甲骨の間の上の方で、このツボの名前を風門というそうです。

字のとおり風の門ですから風が出入りする場所という意味があるそうです。呼吸法でいえば、息を出すところであり、体が疲れてくると、そこから風邪が入り込もうとスキを狙ってくるところなのだそうです。

風門は風邪や肩こりにも効果があり、風邪を引きそうになったら、ここをほぐしてやると、背中が楽になり、呼吸がしやすくなってくるわけです。

■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧

posted by 涼太 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2009年06月08日

人間は冷凍すれば永遠に生きられる?

現代の医学では治療ができない不治の病の患者や、死亡した人の体を冷凍保存し、治療可能な未来で蘇生させる。そんな夢のようなことを真剣に考え、実践している団体があります。

それはアメリカのアルコー生命延長財団という団体で、1976年に初めて人体の冷凍保存を行いました。死亡直後の人体を液体窒素を使った超低温で冷凍するそうです。しかし彼らの主張するように、冷凍した人間を何十年も先に蘇生させることなど果たして可能なのでしょうか?

科学者やスポーツ選手といった能力の高い男性の精子を保存し、希望する女性に人工授精する「精子バンク」というサービスがあります。この場合も精子は液体窒素の中で冷凍保存されます。一般的に細胞を冷凍すると細胞内の水分が氷となり組織は壊されてしまいます。

しかしグリセリンを加えると細胞の中にグリセリンが浸透して、タンパク質を覆い、組織を氷の破壊から守ることができます。こと精子に関しては、凍った細胞を溶かすと生き返るというのは現実に可能なわけです。

しかし人間の細胞は種類によって必要なグリセリン濃度が違い、血液だけをみても赤血球を守るグリセリン濃度ででは白血球を守れず、冷凍すると白血球は壊れてしまいます。つまり冷凍された時点で、人体の組織は破壊されてしまい、冷凍した人間を蘇生させるなどということは、絶対に不可能なのだそうです。

■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧

posted by 涼太 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・科学

2009年06月05日

ストレス太りのしくみ

太らないようにと食事に気をつけていても、ストレスによって太ってしまうことは実際にあります。マウスを使った実験で、性別が同じ2匹のマウスに、量も内容もまったく同じ食事をさせ、室温などの環境も同じにします。しかし片方のマウスにだけ、時々針でつついて外的ストレスを与えるそうです。そうすると食事のメニュー量も一緒なのに、針によってストレスを与えた方のマウスはどんどん太っていくそうです。

これはストレスを与えられたり、外的なイヤな刺激を与えられると、何か危機が起きるんじゃないかという錯覚を体が起こすわけです。そして、それに備えてエネルギーを蓄積しなきゃいけないという防衛反応が働き、大地震に備えて食料を備蓄するように、体はエネルギーの消費を抑えて溜め込もう、溜め込もうとするわけです。だから過剰なストレスを与えると太っていくわけです。

ストレスがあると、人間がもともと持っている通常の反応を起こさなくなってしまいます。本来反応すべきことに反応しなくなるから、体に支障をきたし、それによって色々な病気が出てくるわけです。ストレスが解消されれば、体は通常の反応ができるようになるのです。

ストレスを溜めない日々を過ごしたほうが良いのですが、そうしよう、そうしようというのがかえってストレスになってしまってはいけないわけで、自分で心から楽しいと思えるストレス解消法を見つけることが一番良いようです。


☆関連記事
炭水化物とダイエット
朝食を抜くと太りやすい


■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧
posted by 涼太 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット

2009年06月03日

カキを食べるのはRのつく月だけ?

牡蠣(カキ)は別名「海のミルク」と呼ばれるほどの栄養豊富な健康食品です。体の抵抗力を高めるタウリン、亜鉛、鉄、ビタミン、カルシウムなど栄養がたっぷり。

欧米でカキは「R」のつく月以外には食べてはいけないそうです。別に法律に定められているわけではありませんが、「ことわざ」にあるそうです。1月から12月まで英語で書くとRがつかない月は、May、June、July、Augustで5月から8月までの4ヶ月。この4ヶ月はカキが卵を産むために、みずからの栄養をいっぱい使うので、身が痩せて、味も落ちてしまい美味しくないわけです。そして味の問題だけでなく、夏の海は細菌汚染がひどくなるので、食中毒の危険が増すのです。そしてカキに含まれるグリコーゲンが著しく減少する月でもあります。グリコーゲンとは人間の筋肉を動かす際に使われるエネルギー源です。

日本でカキの旬といえば、真牡蠣は冬。岩牡蠣は夏です。流通しているものは養殖がほとんどで、岩牡蠣は天然物ですが、漁獲量が限られており、流通量が少なく、期間も短いため、希少価値が高く、価格もびっくりです。国内の主な産地は、●広島の宮島:養殖物。瀬戸内海の潮流によって身が締まった質のいいものを産します。●宮城の松島:養殖物。やや小ぶりのものが多い 。●三重の的矢:養殖物。的矢牡蠣として有名。広島産と比べるとやや細長く、生食牡蠣(紫外線などでの滅菌処理をしたもの)としても知られている。●北海道の厚岸(あっけし)やサロマ湖:養殖物。 ●秋田の象潟(きさかた) :天然物の岩牡蠣 ●石川の能登半島:天然物の岩牡蠣 ●千葉の銚子:天然物の岩牡蠣 日本ではおよそ25種類のカキがとれるそうです。

■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧

posted by 涼太 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2009年06月01日

チャウチャウ

人間の2〜3歳の幼児程度の知能は持っているといわれる犬は、飼い主をちゃんと識別し、呼べば来るし、簡単な単語も理解でき、しつけをすれば覚える、とても賢い動物です。しかし中には、例外であまり賢くない犬もいます。このあまり賢くない犬とは、チャウチャウです。イギリスでは飛行機の音に驚いて2階の窓から飛び出して転落し、大ケガをしたチャウチャウが新聞記事になったほどです。

動物の知性を測るのは難しいことですが、コロンビア大学の心理学者で「犬の知性」という本の著者でもあるコーレン氏が、ある調査を行なったそうです。百十数種類の犬が、どの程度もの覚えができるか、記憶力によってランク付けを行いました。その結果、79位までランク付けがなされ、チャウチャウは79位中で76位だったそうです。

お座りなどをチャウチャウに教えるには、ちゃんとできるようになるまでに80回から100回は訓練が必要だそうです。しかしそれでも覚えている率は25%程度だそうです。アフガンハウンド、バセンジー、ブルドッグはもっと鈍感だとか。これと反対に天才犬は、ボーダーコリーで、新しい指示はたったの5回で理解し、その後も95%は覚えているそうです。

チャウチャウはもともと中国で食用犬として作られた犬なので利口である必要はないわけです。中国では今でもチャウチャウを食肉用に飼育している農家があるそうで、黒いものはフライに、白いものは煮込みにいいといわれているそうです。ちなみにチャウチャウの名前は、中国からイギリスに輸出された時、ピジン英語(英語と中国語の混成語)で「色々な製品」という意味のchow chow (チャウチャウ)という文字が箱に書かれたことに由来しています。

☆子犬、子猫の里親 急募!↓↓↓

保健所などに収容されている動物たちの検索サイト

全国の動物愛護センター

いつでも里親募集中

■雑学・豆知識■
●その他の雑学●
◆生活の知恵◆

食べ物 雑学一覧
お酒 雑学一覧
健康 雑学一覧
ダイエット 雑学一覧
動物・ペット 雑学
ファッション 雑学一
歴史・習慣・語源雑学一覧
科学雑学一覧
スポーツ雑学一覧
乗り物雑学一覧
年中行事雑学一覧
etc.雑学一覧


posted by 涼太 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
おもしろ雑学集